電磁波なび - 電磁波による健康への影響について情報を収集!

電磁波なびは、電磁波による健康への関わりについての
情報を収集し、不安のない、快適な生活を送っていく
ためのポータルサイトです(→このサイトについて)。

電磁波なび:ご意見・ご感想 電磁波なび:サイトマップ


電磁波FAQ
   
質問 現在、妊娠22週目の妊婦です。23週目から、パソコン教室に通う予定にしています。約3ヵ月間、週5日毎日、一日6時間パソコンに向かうスケジュールです。ネットで検索してみると、電磁波の胎児への影響については賛否両論あり、さまざまな意見から、どれを信用していいのかわからなくなっています。数十台並ぶ部屋の中で、毎日数時間のパソコンの電磁波を浴びることになるのですが、心配いらないのでしょうか?
(2011年2月2日)
答え パソコンから発生している電磁波は、極低周波の電磁波です。電磁波は電場と磁場の変化によって形成された「波」なのですが、パソコンに関しては、強い電場が発生しています。キーボードの真上で、500v/mが発生しています。磁場も発生してしていますが、キーボードの真上で0.4〜0.5mG。これは人体には影響がないといえる範囲です。磁場に関しては特別な対策はいらないかと思いますが、電場に関してはアースを付けることが重要です。アースを付けることで漏洩電流が減り感電する可能性がぐっと低くなります。妊娠中など胎児への影響を考えるとぜひアースのご確認を。
 
質問 引っ越して2年になります。2軒先に電波塔があります。最近窓を開けて夜寝るので気づいたのですが、「あれ!?雨降ってきた?」みたいな小さいザーッて音が気になリます。電波等から聞こえるみたいです。この2年の間に1歳の子が3歳に、又妊娠→出産してます。私達の健康、特に子供への影響が気になります。気になれば、気になるほど、思い当たる節が…。私は元々感じやすい体質なのですが、越してきてから、ビデオカメラでの撮影時に起こる手ブレした様なヴィジョンが、なんでもない日常で起こるようになり、目眩に悩まされています。時々フラッシュを浴びたような目がチカチカする感覚も起こります。これは、電波等によるものなのでしょうか?子供たちにも同じ事が起きてるのでしょうか?以前はこんな事全くなかったので、不安に思ってます。又ここ15年ぐらい思ってた事ですが、携帯電話で長電話したり、充電中に使用すると熱い感覚と共に頭痛が起こりますが、これも電磁波の影響なのでしょうか?
(2010年8月27日)
答え 電波そのものが音を発生することはないですが、電波の気配を感じる方は結構いらっしゃいます。問題の電波塔のリスクについて、短期的な影響はほぼないです。ですが、長期的な健康影響は現状では不明という状況です。ただし、WHOの報告によれば、送電線から発生する電波塔の電磁波は、グループ2Bのグレーゾーンのリスクに属しています。お子さんへの影響ということになると、健康影響がないとはいえません。また、熱っぽい感覚と頭痛は電磁波過敏の典型的な症状です。ひとまず宅内の電磁波を調査し、電磁波の強さが4ミリガウス(0.4マイクロテスラ)以下に収まっているかを確認していただくとよいかと思います。症状の進行によっては転居を検討された方がよいかもしれません。
 
質問 近く、マンションに引っ越す予定ですが、その部屋の真下が変電設備です。オーナーさん曰く、変電設備があることで部屋は暑いですが、人体に影響はないと思うということでした。とは言え、今後子供を持ちたいという希望もありますし、やはり電磁波等が気になります。東京電力で測定サービスがあるということなので、念のためお願いしようかと思うのですが、どれくらいが危険レベル(引っ越した方がいいレベル)なのでしょうか?ちなみに、マンションは7階建ての中規模マンションで、築28年のかなり古いマンションです。以上、お手数ですが、回答いただけると大変有難いです。
(2009年7月19日)
答え そもそも変電所とは、電気の電圧を変える場所です。発電施設で作り出された電気は2万3千ボルトや1万2千ボルトといわれています。このままの電圧ですと電気抵抗によるロスが生じるため、50万ボルトや27万5千ボルトという高い電圧へ変圧するのが変電所になります。日本では、送電線については、その距離を1万ボルトにつき、1m離すことになっています。ですが、この距離は高さだけなんです。また、地中に変電施設があると距離の規制は適用されません。ですので、お近くに変電設備があるばあい、1万ボルトにつき1mを目安に、電圧をご確認いただくとよいかと思います。ただし「電圧」が人体に害があることにくわえ、電磁波の「磁界」が人体への悪影響を懸念されています。残念なことに日本では、磁界(とくに低周波の磁界)についての規制値は現在ありません。100μT (マイクロテスラ)(50Hz)、83μT (マイクロテスラ)(60Hz)を採用する等の規定が、法整備として検討されている状況です。50Hzの地帯で100μT (マイクロテスラ)が距離によって減衰し、宅内の行動エリアで0.4マイクロテスラ=4ミリガウスあたりに落ち着いているかを目安としてご確認いただけるとよいかと思います。
 
質問 最近、高圧送電線の鉄塔脇に引越し、テレビの画面が歪み、それが電磁波というものと初めて知った者です。東京電力に測ってもらうと、室内の一番強いとこで60ミリガウスありました(低いとこで20ミリガウス)。正直恐ろしくなっています。しかも、5ヶ月の赤ちゃんがいますので・・・。質問なのですが、電磁波が強くなれば、比例して小児白血病等のリスクも上がると考えていいのでしょうか? それとも、急速にもっと何十倍にも上がってしまうのでしょうか? 分かる範囲で構いませんので、コメントいただければと思います。
(2009年2月3日)
答え 20ミリガウスから60ミリガウスのというのはちょっと数値として気になりますね。スイスでの電磁波規制は10ミリガウス、日本ではIH調理器や電気毛布を通常使用しているレベルです(IH調理器の正面付近はもっとキケンですが・・・)。ご質問の件、電磁波が強いと、小児白血病のリスクが上がるという主張は、過去の統計から報告されています。日本では、1999年に、WHOのプロジェクトの一環として、15才以下の小児白血病の子どもがいる家庭の全国疫学調査が行われました。この調査結果では、「平均0.4マイクロテスラ(4ミリガウス)以上の電磁波では、小児自血病の発症が2〜4倍ほど増えるという結論です。ただし、いま現在は推測の範囲ですので、影響関係の有無について、さらなる究明が必要となっています。妊娠中とのことですので、今後、悪影響があった場合の対策(最悪の場合、転居もふくめ)を考えておくべきかと思われますよ。
 
質問 自宅横に送電線の鉄塔があります。最近,健康に与える影響が心配になってきました。そこで,電磁波の測定をどこかの機関に頼みたいのですが,どこにお願いしたらいいのかわかりません。電力会社ではなく,第三者機関にしたいと思うのですが,どこに依頼したらよろしいでしょうか。教えていただけますようよろしくお願いします。ちなみに,自宅は岐阜県にあります。
(2007年8月5日)
答え 電磁波測定に関するご質問です。当サイトで特定の営利組織を推奨することはいたしませんが、GoogleやYahoo!といった検索エンジンを介して「電磁波測定サービス」という語句で検索していただくと、いくつかの企業の測定サービスが出てきますので、そちらをご参考ください。岐阜県は多治見市での鉄塔問題が有名ですが、地域のみなさま、自治体と協力して第三者機関に測定を依頼できればよいですね。
 
質問 最近電磁波の危険性に興味をもちはじめました。まだ勉強中なのでこのようにわかりやすい説明でとても読みやすいです。電磁波について質問です。距離をおくことが1番だとは思いますが、仕事上厳しいものがあります。なにか防御策はほかにはないでしょうか?ちなみにIHクッキングヒーターを1年前から使用して、最近おなかが痛みます。直接の原因は不明ですが1つの理由として電磁波では・・・?と思っています。洋服を重ねれば多少なりとも変わるものでしょうか?
(2006年6月27日)
答え 「距離をおく」「使用時間を減らす」というのは電磁波対策の原則です。とはいえ、仕事をするうえで、そうもいかないという場合、ひじょうに対策が難しいです。市販の個人向け電磁波防護グッズというのは、まったくあてになりませんし・・・。そこで、職場をかえるのではなく「職場環境をかえる」と考えるとよいのではないでしょうか。企業向けの電磁波シールド材や電磁波シールドの壁紙を職場で購入する、電磁波発生量を抑えた製品を使用するなど、電磁波の健康リスクを周囲に訴えて、仕事をしやすい環境をつくるというのが得策です。ちなみに、IHクッキングヒーターの使用に際して、洋服の重ね着はほとんど効果がありません。IHクッキングヒーターを使用しないか、一定の距離をとって短時間利用で済ますしかありませんね。
 
質問 私の家の直ぐ西側に電柱が立ちました。家庭用の電線らしいのですが、トランスが2個つけられました。トランスによる電磁波被害で白血病になる可能性がとても高くなると聞いていますが、いかがなものでしょうか。その電柱と2階の部屋の距離は約5メートル位です。
(2006年5月25日)
答え 電柱のトランス、実はかなり要注意です。トランスの周囲では、高圧送電線に迫るくらいの電磁波が発生しています。危険性があるといちばん懸念されるケースは、2階の窓と電柱のトランスが近くなっているお宅の電磁波影響です。実際に電磁波を調査された方の報告では、トランスから2.5メートル離れた2階の地点での計測値が5ミリガウス。1メートル離れた地点では、12ミリガウスでした。2ミリガウス以下を安全と考える立場からは、限りなく問題視される値です。それでも、5メートル離れているのであれば、2ミリガウス以下になります。まずは安心できるかと思いますが、5メートル以内に接する可能性があるのであれば、電磁波の実地調査をオススメします。
 
質問
電気毛布を使いたいのですが、電磁波の害はないのでしょうか?
(2004年12月13日)
答え 財団法人の「食品と暮らしの安全基金」による研究結果では、電気毛布を妊娠中に使用していると、流産や子供の先天異常を起こす可能性が高くなるそうです。ですので、万一のことも考えると、使用を控えた方がいいと思います。
 
質問
自宅から30メートルも離れていない住宅地の真中にNTTの電波塔が立ちました。NTTに電話したところ、下請け業者に住民の方々に説明会を開くように言ってあるという返答でした。このまま泣き寝入りするしかないですか?
(2004年8月21日)
答え 泣き寝入りする必要はないかもしれませんね。現在、全国各地で通信塔建設の反対運動が行われています。ご相談された件については、通信塔がすでに建設されているというのが気になりますね。まずは説明会にご出席されるとよいかと思います。説明会出席前に、電磁波影響の各種研究を調べ、NTT側の電磁波についての考え方を問い直すというのはいかがでしょうか。
 
質問
現在、オール電化ブームで安心、安全のキャッチフレーズで電機会社は商品を売っていますが、IHの発する電磁波が体には良くないことを知りました。IH調理器はどれくらいの電磁波を発していて他の器具と比べてどうなのか教えてください。
(2005年1月17日)
答え IH調理器の電磁波については、当サイトの電磁波MonthlyWatch「家庭の電磁波(第1回)」をご一読ください。また、市民団体「環境と健康を考える会」もIH調理器の使用について警鐘を鳴らしています。詳しくは下記URLをご参考ください。

環境と健康を考える会「電磁波対策(じゃあ、どうすればいいの)」
http://www.kankyou-kenkou.jp/taisaku.html


アドバイスとしては、IH調理器を使用しないというのがベターかと思われます。やっぱりガスコンロですかね。
 
質問
今まで買うのを渋っていた携帯電話を今頃になって買いました。使っている携帯電話はラジオつき。アンテナはイヤホンアンテナ。ラジオの電磁波は携帯電話よりも影響がすくなそうなんですけど、頻繁につかっていたりしては、影響が大きいのでしょうか?
(2005年1月30日)
答え 通常の電池式ラジオであれば、電磁波負荷は高くないのですが・・・。イヤホンアンテナというのが気になりますね。アンテナを耳から離せて使用できるのであればよいですが、使用できないのであれば、ひとまずアンテナ付近の電磁波を測定してみてはいかがでしょうか。
 
質問
このサイトは多くの情報を知る可能性があるので、電磁波に関するキーワードを入力して、関連する情報を検索できるようにすると、ありがたいです。
(2005年1月26日)
答え ありがとうございます。検索ができるように対応を検討いたします。
   
質問・疑問は「ご意見・ご感想」へ